スパゲッティ(パスタ)

日本でパスタというとスパゲッティが代表選手となるだろう。 

パスタについては詳しく書かないが、パスタは麺である。 

当たり前だと思われるだろうが、麺というのはこの場合、中国における麺と同じだということだ。 

中国語での麺(簡体字では面)は小麦粉(粉という意味が最初らしい)のことであり、「麺食」は日本語の「粉食」にあたる。 

だから、餃子も麺に含まれる。 

 

実際、イタリアのパスタ(英語の「ペースト」、フランス語の「パテ」と同じ語源)も何でもアリだ。 

パスタは中国発祥で、それが遙々とイタリアまで伝えられたものだとされる。 

パンも麺なはずだが、パスタに含まないのは、パスタが伝わる前に広まったものだからかもしれない。 

 

紐状(日本語の麺状の意味だが、混乱を避けるため紐状とする)のものだけがパスタではないのだ。 

 

 

スパゲッティはパスタの内の紐状のもの、マカロニは中空のものを指して言う。 

日本では、だ。 

 

では、日本において、スパゲッティはマカロニの仲間だろうか、あるいはマカロニがスパゲッティの仲間だろうか? 

その理由は? 

(答えは最後に) 

 

 

ある程度のパスタ好き(スパゲッティ好き)になると、太さや形状で名前が違うことを知っているだろう。 

 

原材料にデュラム・セモリナと書いてあるはずだ。(例外もある) 

これは「デュラム小麦の粗挽き」という意味である。 

ただし、これはイタリアではSemolino(セモリーノ)、つまり男性名詞だという。 

ちなみに、パスタは女性名詞。 

男性名詞に水を加えると女性名詞になるのだから面白い。 

 

 

太さ・形状で名前が変わるが、これがメーカーや国によって異なる。 

とりあえず、細い方から見ると・・・ 

 

・カッペリーニ (概ね1mm未満) 

・フェデリーニ 

・スパゲッティーニ 

・スパゲッティ 

・スパゲットーニ (概ね2mm超) 

 

日本でスパゲッティーとして売られている輸入品にSpaghettiniと表記されているものもある。 

気持ち的には、「そうめん・ひやむぎ・細うどん・うどん・太うどん」というところか。 

実際の太さとは異なるイメージでだが。 

 

形状では・・・ 

・リングイネ (断面が楕円) 

・フェットチーネ (平打ち麺) 

・バーミセリー (中空、肉厚のマカロニ状) 

 

 

困るのはこれらの種類の太さの基準があいまいなことである。 

当然だが、日本のメーカーは日本の規格によって製造販売している。 

ならば日本の規格を知るしかない。 

 

日本のスパゲッティはJAS規格に、次のように書かれている。 

 

<pre>「マカロニ類品質表示基準」 抜粋 

 

第2条 この基準において「マカロニ類」とは、デュラム小麦のセモリナ若しくは普通小麦粉又は強 

力小麦のファリナ若しくは普通小麦粉に水を加え、これに卵、野菜等を加え又は加えないで練り合わせ、マカロニ類成形機から高圧で押し出した後、切断し、及び熟成乾燥したものをいう。 

 

第4条名称及び原材料名の表示に際しては、製造業者等は、次の各号に規定するところによらなけ 

ればならない。 

(1) 名称 

加工食品品質表示基準第4条第1項第1号本文の規定にかかわらず、「マカロニ類」と記載す 

ること。ただし、マカロニ類のうち、2.5㎜以上の太さの管状又はその他の形状(棒状又は帯 

状のものを除く。)に成形したものにあっては「マカロニ」と、1.2㎜以上の太さの棒状又は 

2.5㎜未満の太さの管状に成形したものにあっては「スパゲッティ」と、1.2㎜未満の太さ 

の棒状に成形したものにあっては「バーミセリー」と、帯状に成形したものにあっては「ヌード 

ル」と記載することができる。</pre> 

 

マカロニ類品質表示基準(PDF) 

 

 

これにより、スパゲッティはマカロニの1種ということになる。(マカロニの基準に、スパゲッティが定義されている) 

「ファリナ」とあるのは、英語のフラワー、つまり普通に挽いた小麦粉のことだ。 

イタリアでの乾燥パスタはセモーラかセモレート(粒の大きさの違い)で作られ、ファリナを使用することは許されていない。(欧米ではOKなので、日本はそれに倣ったのだろう) 

 

細かな太さによる分類はJASにはなく、1.2mm~2.5mmまで全部スパゲッティである。 

そう定義されているのだから、メーカーは「スパゲッティ」と書くしかないのだ。 

 

 

なぜ、スパゲッティはマカロニなのか。 

 

先にパスタとしてのマカロニ(マッケローニ)があった。 

スパゲッティという名前が出るのはずっと後になってからだそうだ。 

 

また、マカロニは「乾麺」を指すというイタリアの地方もあるという。 

 

イタリア系アメリカ人の中にはパスタのことをマカロニという人もいるというから、そういう影響もあったのかもしれない。 

 

 

可哀想なことに、イタリアには日本での定番、子供も大好き、「ナポリタン」がない。 

誰がナポリ風としたのだろう。 

まあ天津にも天津飯はないらしいが。(そもそも中華飯やら中華そばもないが) 

 

私的には「Spaghetti aglio olio e peperoncino」が好きである。 

アーリオはニンニク(ちなみにスペイン語だとアホ)、オリオは油だが当然オリーブオイルだ。 

ペペロンチーノは唐辛子のことである。 

たったこれだけの材料だが、不思議なくらい美味い。 

シンプル イズ ベスト とはこういうものかもしれない。 


ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラ  <前 : 次>   干しそば
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs