とちお揚げとほだれ酒

新潟県に栃尾というところがある。 

以前は市だったが、今は長岡市に合併している。 

 

そこの名物に「とちお揚げ」というものがある。 

油揚げと生揚げの中間のようなもので、普通の油揚げよりずっと大きい。 

 

それに切れ込みを入れ、何かを挿んで食す。 

納豆を入れる人も多いが、私は納豆があまり得意ではないので、たまにしか入れない。 

私の好みは、甘目にしたネギ味噌である。 

 

それを炙る。 

油揚げは炙るとパリっとするが、それと同じことで、風味も増して旨くなる。 

 

数センチ幅に切って食す。 

削り節などを乗せると更に良い。 

 

単に炙って削り節や刻みネギなどを乗せ、醤油を掛けただけでも良い。 

まあ、大抵のものは醤油さえ掛ければ食べられるのだが。 

 

 

この栃尾には「ほだれ酒」というものもある。 

 

これは中身より入れ物に特徴があるのだが、そのためには「ほだれ祭」に触れないといけない。 

ほだれは、穂垂れで、稲など穀物の穂が垂れるほど実ることを表したことばで、ほだれ祭はその実りの神の祭りである。 

それが道祖神。 

つまり男のアレなのだ。 

 

ほだれ酒の入れ物というのも、ソレで、付属物たるものも付いている。 

英語で言うと、バット&ボールズ(当然、複数形)だ。 

 

面白いのは、その入れ物の蓋である。 

さて、その形状の容器で、蓋となるとどこだと思われるだろうか。 

当然、頭の部分である。 

そこが外れる。 

 

まあ見た方が早い。 

ほだれ祭(ほだれ祭りとは)  

 


クッキー  <前 : 次>   あさつき(浅葱)
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs