ネギ味噌

長ネギについては書いているが、切り方についてだった。 

ネギ料理で最も簡単で、なのに美味いのがネギ味噌である。 

 

 

ネギは適当に切る。 

あまり薄すぎなくて良いが、厚くでも具合が悪い。 

1~2mm程度に切る。 

 

これを油を引いたフライパンで炒める。 

ネギというやつは焼けるとそれまでにない芳香を放つ。 

必ず、この香りを出すことをしなければならない。 

 

そこに砂糖・味噌・酒を投入する。 

適当で良いが、ネギ味噌の主体は味噌であり、ネギは具である。 

炒めたネギに味噌で味を付けるのではないのだ。 

味噌にネギや砂糖(甘めにするのが美味い)で味を付けるのである。 

これを炒め合わせるだけで完成。 

 

炒めずに合わせる地方もあるかもしれないが、うちの方は炒める。 

 

 

これがご飯(秋から初冬なら新米が良い)に載せるだけで他におかずがいらないほどになる。 

おにぎりの具としても良い。 

味噌味はご飯と半端なく合うのである。 

 

油とネギが入っているとはいえ、味噌なので日持ちもする。 

ご飯だけでなく、色々なものに合う。 

 

大根を下茹でし、風呂吹き大根に仕上げ、ネギ味噌をトッピングしても美味い。 

 

油揚げに塗ったり、中に挟んでパリっと焼いても美味い。 

 

新潟には栃尾揚げというものがある。 

普通の油揚げよりふたまわりくらい大きく、厚さは厚揚げほどもある油揚げだ。 

厚揚げと違うのは中まで揚がっていることだけである。 

これを開き、中にネギ味噌を挟んで焼く。 

食べやすい大きさに切り分けて食す。 

栃尾揚げに納豆を入れる人もいるが、好みによるだろう。 

 

味噌味が合いそうなものなら、ネギ味噌にすると更に美味くなる。 

色々と試すのも楽しいものである。 

 

 

簡単に作れるので、何か1品欲しいときに良い。 

ピーマン味噌も同様だが、ピーマン味噌には唐辛子を加えピリっとさせるのが好みだが、ネギ味噌には他には入れない。 

ともあれ、お好みでやってみるのもいいだろう。 

 


小粋  <前 : 次>   寄生虫
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs