小粋

日本で唯一販売されている刻みが「小粋」である。 

煙管用煙草はこの小粋しか販売されていないのだ。 

 

煙管がどこの国の発祥か判らないが、多分、中国だろうか。 

キセルというのはカンボジア語のクシエル(Khsier)で、パイプのことだそうだ。 

雁首と吸い口の間にある羅宇(らう、らお)はラオスの竹を使っていたためだという。 

(ラウスだというのは間違いである) 

まあ、どう見ても日本発祥ではない。 

 

 

しかし、そこは日本人。 

煙管の加工も職人技で工芸品の域に達し、刻みも日本刀の技術から刃物の冴えが素晴らしい。 

刻み幅0.1mm。 

世界一細く、美しい刻みたばこが、日本の「刻み」なのである。 

誇るべきものなのだ。 

 

小粋はその末裔である。 

 

 

味はどうかというと、刻みとはそういうものなのだろうと思うしかない。 

不味くはないが、独特である。 

 

誰かが「古民家臭」と書いていたが、その通りだ。 

製造している映像を見ると、かなり昔のもの(推定昭和40年代)だが、葉延し(葉を1まいずつ広げて重ねていく)をして堆積し平らで乾燥した状態にする。 

その堆積が農家なら古民家だろうし、古民家臭になっても不思議ではない。 

もしかしたら、後から付けたフレーバーかもしれないが。 

まあ、そういう臭いなのだ。 

 

 

大抵の煙草というものは外気を遮断し包装され販売されている。 

小粋にそういうものはない。 

内側に薄い紙袋、外側が紙箱で、どこにも湿気を遮断するものが使われていない。 

このため外の湿気も吸えば、乾燥もするのである。 

 

 

買ってきたばかりの小粋は乾いている。 

つまり、すぐには吸えない。 

勘違いしている人もいるようだが、封を開けて加湿するようには書かれていない。 

小粋の容器は湿気を通すので、未開封で加湿できるのである。 

 

一晩加湿してやると、しっとりして、丸めることができるようになる。 

そうしないと、丸めにくいだけでなく、貴重な刻みが粉になってしまうのだ。 

 

それを丸めるのだが、少量を取って折り重ねるつもりでまとめる。 

団子を作るようにすると、団子になってしまい、空気が通らず、結果燃えず吸えない。 

緩めにまとめて、空気が通る方が美味くなる。 

ただし、加湿せずにそれをやると、ボっと燃えて終わるだろう。 

 

長期間加湿すると、カビが生えることがあるので注意が必要である。 

 

 

小粋は煙管用だけあって、誰でも失敗なく吸えるだろう。 

クセはないが、独特の香りがある。 

好みの分かれるところだ。 

せっかくの刻み技術である。 

色々な製品が出ると良いと思う。 

 

最初の記事にも書いたが、茶道の道具にも煙草盆などがあるのだ。 

日本の文化だから、消えないでもらいたいものである。 

 


嗅ぎタバコとJTゼロスタイル・ミント  <前 : 次>   ネギ味噌
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs