茗荷(みょうが)

茗荷たけ(茗荷の親)のことを書いたが、今度は茗荷(子)である。 

 

茗荷は茗荷の花、正しくは花包で、花を包む部分なのだ。 

親の方は取るとなくなるが、こちらは花なので、いくら採っても本体に影響は出ない。 

 

良いものは花の出る前の固く締まった茗荷である。 

が、植物を甘く見てはいけない。 

しばらくすると冷蔵庫の中でちゃんと花を付ける。 

 

早く食すに越したことはない。 

 

 

どうやって食べるかだが、大抵の人は薬味くらいしかしないだろう。 

スーパーで3つほどを買ってきたならそれくらいにしかならない。 

 

大量にあると、そういう人は困るに違いない。 

味噌汁や炒め物に入れて食すが、漬物にするもの良い。 

 

 

よく洗い、丸のまま漬けるのが良いが、半分に割って(切って)からでも良い。 

固く花の出ていないものは丸のまま、花が出たものは中を処理したいので割りたいのである。 

 

よく花の出る前が良いと書かれている。 

当然である。 

が、出たものは仕方ない。 

それでも食す。 

ただ、中が溶けてきたものは食べない方がいいだろう。 

 

 

最初に塩漬けにする。 

以前漬物について書いたが、漬物はすべきである。 

下処理をして塩をするのだが、それが多すぎても少なすぎてもいけない。 

数日後に丁度良い塩加減にならなければならないのである。 

もちろん目分量で、味見もできない。 

塩加減の鍛錬になり、漬物が上手にできると、他の料理の塩加減も決まるようになる。 

 

漬ける方法として2種類ある。 

生のまま漬けるか、軽く湯通しして漬けるかだ。 

食感と辛みが違うので両方やってみて好みを探した方がいいだろう。 

 

ただし、煮すぎては歯応えがなくなってダメだ。 

煮るとアクは抜け、辛み(えぐみ)は減るが、それがなくなっては茗荷ではない。 

どれだけ抜いて、どれだけ残すかも考えなければならないのである。 

 

 

塩漬けしただけでももちろん食べられるが、更に美味くしたい。 

なお、塩漬けしておけば長期保存が可能である。 

もう花は出てこない。 

 

今回漬けたのは、味噌と梅干である。 

まず、軽く塩出しをして固く絞って水気を切る。 

 

味噌漬けというのはちゃんと味噌に長期間漬けるのだが、即席である。 

味噌に砂糖を少々入れて、ポリ袋に入れて漬ける。 

和えるのに近いくらいで、そのまま味噌を落とさず食べられるような味噌の量である。 

本当の味噌漬けなら大量の味噌と長い期間が必要だが、これは簡単なのだ。 

 

梅干はいくつかの果肉と、紫蘇を細かく叩いて、これもポリ袋に入れて漬ける。 

柴漬けである。 

ただし、市販の梅干だと上手くいかないかもしれない。 

使ったのは自家製(お袋が漬けたもの)なので、市販のものより塩っぱく、酸っぱく、紫蘇も大量に入っているものである。 

 

最初に塩漬けしているので、味が馴染めば食べられる。 

とはいえ、数日は置いてから食したい。 

 

割って漬けると、見た目は悪い。 

売るなら丸のまま漬けて綺麗でなければならないが、自分が食べるだけなら何でもいいだろう。 

 

 

どちらも飯に合う。 

味噌味と梅干味なのだから当然だ。 

癖になる味である。 


酒粕のこと  <前 : 次>   煙管(キセル)
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs