ロールキャベツの使い方

ロールキャベツはひとつの料理として認知されているだろう。 

既に形が作られ、煮込んでやればできる状態で売られている。 

一から作れればいいが、そういうロールキャベツを買ってくる人も多いはずである。 

 

コンソメ、あるいはケチャップを加えて煮込めば、それなりにできる。 

おでんにしてもいい。 

だが、私のインチキ料理は、もっと別の使い方をするのである。 

 

 

何にするかというと、カレーライス。 

カレーの具にするのだ。 

小さい一口サイズのロールキャベツでもいいし、大きな普通サイズのロールキャベツでもいい。 

必要なものは、それとルーだけだ。 

 

カレーというと、日本のカレーは肉・たまねぎ・にんじん・じゃがいもなどを入れ、ルーを溶く。 

その肉・野菜の代わりが、ロールキャベツである。 

 

作り方は想像の通り。 

適量の水を沸かし、買ってきたロールキャベツを入れ、煮えたらルーを入れる。 

それだけ。 

 

肉と野菜(キャベツ)も入っている。 

すっきりしたカレーである。 

 

10分とかからないだろうが、盛り付けてみると結構ちゃんとした料理に見える。 

余裕があれば、ゆで卵でも茹でてトッピングすれば完璧である。 

ぶなシメジをちょっと加えるだけでも、更に豪華そうに見えるだろう。 

いつものカレーと見た目も違うし、味も違うはずだ。 

 

お試しあれ。

「すき焼」は何料理か  <前 : 次>   インスタントラーメン
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs