カレー

タイトルにカレーと書いたのはカレーライスに限っていないためである。 

もちろんオーソドックスなのはカレーライスだろうが、それ以外にもカレー味・カレー風味というのは人気があるだろう。 

 

カレーを香辛料選びから始める必要はない。 

カレー粉で十分だ。 

 

カレー粉に重要なことがある。 

日本製のカレー粉、あるいは日本人向けに調合されたカレー粉を使うことである。 

なぜなら、それが日本のカレーの味だからだ。 

 

東南アジアあたりのカレー粉はどこか風味が違う。 

いわゆるエスニックな感じになっている。 

 

エスニックというのは本来と日本では意味が違う。 

英語では「民族的な」という意味だ。 

なので日本風というのも向こうではエスニックである。 

 

日本ではエキゾチックに似た感じかもしれない。 

「東洋的な」だが、日本は東洋でしかも端っこだから、最もエキゾチックな国なはずだろう。 

だが誰も日本がエキゾチックだとは思っていない。 

 

話はそれるが、ケーキや菓子などを「スイーツ」というのに辟易している。 

誰が言い始めたのか、かなり頭が悪い。 

スイーツは飴玉のことである。 

 

もっとそれるなら、「スケルトン」が透けている感じで使っているのは愚かである。 

スケルトンは「骨格」のことだ。 

骸骨である。 

 

 

閑話休題。 

インドがカレーのルーツだと思っているのがそもそもの間違いである。 

発祥の地かもしれないし、多く食べられているかもしれないが、日本のカレーのルーツではない。 

インドからイギリスに渡り、イギリスで「カレー粉」が作られた。 

それが始まりなのだ。 

売り出したのは「C&B」という会社である。 

日本にも似た名前でカレーを思い起こす会社があるだろう。 

日本人向けに調合されたカレー粉を売り出したのが「S&B」なのだ。 

だから日本のカレーを食べるとインド人もびっくり、なのである。 

 

日本人向けということは日本人が美味いと思うように作られているということだ。 

しかも、その味に慣れ親しんでいる。 

美味いと思うのは国産のカレー粉なのが当然なのである。 

 

 

カレー作りをカレー粉ですることさえ少ないだろう。 

固形のカレールーを使うことが一般的である。 

それは仕方ない。 

簡単に、間違いなく、カレーができるのだから。 

ただし、どうして固形になっているのかは考えるべきだろう。 

何かで固めているということだ。 

固まっていて温度と水分によって溶けるのである。 

このため、冷めたカレーはザラザラして食べられたものではなくなる。 

カレーパンのような冷めても美味しいカレーにしようというなら、固形ルーは使ってはならない。 

 

溶かし方も注意が必要だ。 

必ず火を止めてから投入する。 

完全に溶け切るまで火を点けずにかき混ぜてやらなくてはならない。 

 

溶けたら火を点け加熱するが、過熱し続ける必要はない。 

少し加熱したら火を消し、5~10分ほど冷ます。 

それを数回繰り返す。 

具材に味が浸み込むのは冷めるときなのだ。 

加熱し続けるより味が浸み易いし、何より光熱費が少なくて済む。 

 

これは煮物なども同様である。 

数分加熱ししばらく冷ますという繰り返しが有効だ。 

冷ましすぎると再加熱に時間と光熱費がかかるので効果が半減する。 

 

 

具材も問題だ。 

何を入れるか、どう調理するかも好みでいいだろう。 

たまねぎをよく炒めるか少し炒めるか、あるいは炒めないか。 

じゃがいもは入れるか、入れないか、などである。 

私の好みはたまねぎは少し炒める程度で、じゃがいもは入れない。 

ドロドロカレーより、少しサラっとした方がいい。 

 

大事なのはスープである。 

味をカレールーだけに頼ってはならない。 

手っ取り早いのは鰹だしである。 

旨みとコクが出る。 

 

トマトはカレーに合う。 

場合によっては皮が舌に残るので、そういうトマトの場合は湯剥きしてザク切りにして入れるといいだろう。 

そうでなければ、皮のまま切って使ってかまわない。 

トマトは旨みを出すのでお勧めである。 

 

 

カレーライスは固形ルーを使うとしても、カレー粉は必要である。 

何かと便利だ。 

もちろん国産でなくてはならない。 

 

炒め物でも何でもカレー粉を混ぜるだけでカレー味になる。 

鶏の唐揚げもカレー粉を混ぜるとカレー風味だ。 

新潟(多分新潟市内だけだと思うが)の唐揚げは鶏の半身をなぜかカレー風味で揚げてある。 

カレー粉があれば唐揚げに一工夫できるだろう。 

 

カレー塩も簡単にできる。 

必要なのはすり鉢だ。 

百均の小さなすり鉢でよい。 

塩を少し入れて、よく擂る。 

塩の結晶はすり鉢で砕けるのだ。 

それにカレー粉を入れ、更に擂ると完成である。 

均一に砕けた塩とカレー粉が混ざる。 

同じ大きさに粉砕されるからだ。 

粒子が小さいとすぐに舌の上で溶ける。 

そのために擂るのである。 

 

カレー粉は色々と使えるがカレー塩となると用途が限られる。 

必要なときに作ればいいだろう。 

 

 

本格的なカレーというのがある。 

小麦粉を炒めたところにカレー粉を入れ更に炒め香りを出し、具材のたまねぎもよく炒め、カレーとなってから何時間も加熱し続けるというものだ。 

しかし、それが美味いとは限らない。 

日本人が美味いと感じるかどうか、自分が美味いと感じるかどうか、である。 

慣れ親しんだ家庭の味に既にカレーはなっているのだから。 


チャーシューと煮豚  <前 : 次>   たまご(鶏卵)
Link and Track Back URL :
日本語を含まないか、当URLを含まないトラックバックは受理されません。管理者確認後に表示となります。


Comments

コメントをどうぞ   日本語を含まないものは受付られません。タグは無視されます。管理人確認後に表示となります。
お名前
URL (表示されません)
メールアドレス (表示されません)
タイトル
コメント (必須)


Track Backs